P H26-12 集合住宅等の事例とその特徴『日本の集合住宅』

一級建築士過去問、計画H25-14のイラストを制作しました。

どんな問題?

この問題は建築物の作品事例で、日本の集合住宅とその特徴が問われた問題になっています。建築試験問題で頻出の建築作品が多いので、イラストで学んでいきましょう。

キーワード

Mポート

桜台コートビレッジ

リエント多摩平

再春館製薬女子寮

求道学舎

Mポート

Mポート

MポートのMは、力を合わせて共同で行動したり所有することを意味する「もやい」。居住者の参加によって各住戸の設計が行われたコーポラティブハウスの代表例です。居住者の交流などを目的に共用空間を配置。
 ユーコートや求道学舎と一緒に覚えましょう。

桜台コートビレッジ

桜台コートビレッジ

西向きの急斜面といった不利な敷地条件においても、住戸軸を45度振り、雁行配置した平面により、ファサードに変化を与え、それとともに住戸間のプライバシーを確保しています。

りえんと多摩平

りえんと多摩平

 多摩平団地(1958年入居開始)を、団地再生事業の一つとして、民間事業者が改修工事を行い、多世代の居住者が暮らす団地型シェアハウスへ再生。

再春館製薬女子寮

求道学舎

再春館製薬女子寮

80人が集まって生活できる寮。居住者全員で使用できる共同空間(リビングスペースや浴場など)が充実しています。

求道学舎

武田五一の設計の学生寮を、コーポラティブハウスとして再生。

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA